のぼり旗のインクジェット印刷にはどんな特徴・利点がある?

インクジェット印刷ののぼりの特徴は、ダイレクト印刷による納期の早さと写真・画像の深みのある再現性です。

ただし激安価格ののぼりには注意しましょう。

●ダイレクト印刷のため短納期・省ロットを可能に。

インクジェットの特徴はダイレクト印刷といって、シルクスクリーンのように版を作る必要がないことです。

印刷するための版を作る必要がないということは、それだけ工程が省けるので、日程も短く、1枚からの小ロットでも印刷が可能になります。

1枚あたりの価格は1,000円程度しますが、印刷枚数が多くなれば単価そのものが安くなるのでお得です。

5枚~10枚の範囲で注文すれば、1,000円が700円程度にはなります。

●価格競争で品質低下が心配なインクジェット旗。

のぼりとしてのインクジェットは需要が多いため、価格競争にもなっています。

たとえば1枚400円とか500円の安値を売りにしているのぼり店もあります。

ただしこのような価格の場合、「完全入稿データ」が前提であることや、店によっては「海外から低レベルのインクや生地を輸入している場合がある」ということを知っておきましょう。

のぼりの劣化・変質、退色が1~2カ月程度で起こることもあります。

●食品やインテリアなど、深みが必要な写真・画像、色数の多い複雑な図柄もプリントできます。

シルクスクリーンの弱点は、のぼりの中の写真や画像が平坦になりやすいことです。

その点でいえば、色数に制限のないダイレクト昇華印刷のインクジェットのほうが、凝った細かなデザインののぼり製作には適しています。

▽Pickup・・・「令和」準備、各地で…「梅」の神社にのぼり旗