オリジナルのぼりの注文で“起きやすいトラブル”って?

オリジナルのぼりには発注者の思いが詰まっています。

「カッコ良く完璧で、そのうえに激安な店を」と調子よく考えていませんか?そもそもソレがトラブル発生の元です。

●オリジナルのぼりにはトラブルがいっぱいある。

オリジナルのぼりのオーダーで起きやすいトラブルは、①完全入稿データにともなうもめ事、②利用者に対するサポート不足と勘違い、③修正による納期のずれ込み、④料金、だいたいこの4点に集中しています。

完全入稿データについては、激安価格と一対になる事が多く、「安く上がるから完全入稿データで」と思ってしまう人が多くいますが、データ作成に不慣れな人が簡単に行えるものではありません。

●完全入稿データは慣れた人が行なう注文方式。

のぼり店にもいろいろなサポート体制があります。

フルサポートでないのぼり店は、専任のデザイナーが付きませんから、デザインや色味、タイトルやキャッチの入れ方などに細かなアドバイスはしてくれません。

激安店でフルサポートを望むのは無理があります。

また修正が重なれば納期も延期され修正料も加算されて割高になります。

●のぼり店の選び方に間違いがあります。

常連になってその店のやり方に慣れるまでは、フルサポート体制の店を選びましょう。

データ作成に不慣れな人が激安目的でのぼり店を選んでしまうと、上記の①~④が連鎖的に起きてしまいます。

そもそもは利用者の欲が原因です。

高くつくように思えても、フルサポートの店でいろいろなアドバイスを受け、勉強と経験を重ねてから激安を狙うようにしましょう。

のぼり旗のデザインでいちばん多い失敗や後悔は?

のぼりは宣伝媒体であり販売促進物です。

デザインする人は自分の好き嫌いを基準にするのではなく、真意が伝わるか、ウケるかを第1に考えましょう。

●失敗の原因となる3つのポイントとは何か。

のぼり旗のデザインでもっとも多い失敗というのは、①伝えたいことが絞り切れていないこと、②デザインから先に入ってしまうこと、③目立つことより、自分の好きな色を優先してしまうことに起因しています。

のぼりは小さな限られたスペースですから、“PRしたい事柄の中から1つか2つに絞り込む必要”があります。

この作業はプロでもむずかしいとされています。

●自分の好みだけでのぼりをデザインしない。

自分の好きな文句やデザインでのぼりを仕上げたとしても、それがターゲットとなる人々にウケるか、共感を獲得できるかというと別問題です。

のぼりの第1は、自分の好みにこだわらず、“広告物・販促物として客観視できるかどうか”にかかっています。

①目立つ色、②パンチの効いた明快なキャッチフレーズ、③食べよう、行ってみようと思わせる単純な仕掛け、④ゴチャゴチャしていないスッキリした仕上り、この4点が成功のポイントです。

≫≫のぼりデザインのご参考に⇒http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190531-382406.php

●イメージカラーは大事ですが、個性を主張し過ぎると“何だかわからないのぼり”に仕上ってしまいます。

どんな業種ののぼりでも、業界ごとのセオリーや風合いというものがあって、それを踏まえた上で独自性や差別化が図られています。

個性ばかりを気にしすぎると、食べ物屋ののぼりなのか、何かのイベントののぼりなのか、それさえもわからない作品になってしまいます。

初心者のうちの多くの失敗は、そうした“余計なこだわり”が原因となっています。